• 雨漏りを保険で直すことはできるのか

    雨漏りを保険で直すことが出来るというと驚く人は少なくありません。

    しかし全てではありませんが、条件が揃えば雨漏りは保険で直すことができます。その条件とは、風や雨などの自然災害による雨漏りであることが確認できる場合です。
    屋根が傷む原因の殆どは、強い風や激しい雨に屋根が耐えられずに瓦が割れたり、屋根板がめくれあがったりすることによるものです。

    この際にその部分から雨水が侵入し、雨漏りに至ることが少なくありません。



    その為、比較的築年数が少ないのに雨が天井に染みてきた場合や、屋根がいたんでしまった場合などは、保険により直すことができる場合が有るのです。


    保険には自然災害による建物のいたみを補償する項目が有ります。この項目に適用できる条件があれば住宅を治すことができます。とは言えその条件は決して難しい物ではなく、風により建物の外壁が保証期間前にひび割れたり、剥離などが発生した着た場合にも治せることが少なくありません。この条件に適用するかどうかの判断は本人がするわけではなく、また保険会社がするわけでもありません。

    公正な第三者機関が判断する事になっているのです。

    そしてこの第三者機関は通常、瓦が割れたり、屋根がめくれあがっている場合などについては自然災害による影響と判断することが多いと言われています。

    この毎日新聞情報といえばこちらです。

    そのため、十分に条件に合致する可能性があります。但し、保証期間を過ぎた屋根など、明らかに経年変化であることが認められる場合には適用されないので注意が必要です。