• 雨漏りは保険が下りるのか

    日本は四季の影響もあり梅雨や台風、集中豪雨など雨や水害にまつわる被害が多く発生する地域でもあります。


    そしてこれらの影響で雨漏りが発生してしまうと家財道具や電子機器、畳やふすまなども濡れてしまい修繕するための費用はとても高くなってしまいます。



    そんなとき保険が適応されれば原状回復のための費用が発生することもないため安心なのですが、対象となるかどうかはケースバイケースとなっています。多くのご家庭では火災保険に任意加入していることが多いですが、このなかには火災時だけでなく落雷や風災、水害などの自然災害も含まれています。

    産経ニュースが広く知れ渡ってきました。

    そして雨漏りは水に関与するので水害被害と結びつけやすいですが実際は風災被害と扱われることになります。
    例えば台風や竜巻の発生、強風などにより屋根の瓦が吹き飛んでしまったり外壁にヒビが入ってしまったことで雨漏りが発生してしまった場合には風災被害として扱われ保険金支払いの対象となるわけです。



    この場合のポイントはあくまでも自然災害による二次被害の発生というわけです。

    一方自宅の屋根や外壁の老朽化により雨漏りの侵入を許した場合には保険金支払いの対象とはならず修繕費用は自費負担となります。

    またマンションの天井などの専有部分の雨漏りも保険金は下りずにあくまでも家主と管理人もしくは大家さんとの交渉ということになります。


    そのため日常から自宅やマンションの気になる箇所の定期点検を行い未然に予防していく必要があります。