• 雨漏り発生から保険金を受け取るまで

    火災保険に加入しているという人でもその補償内容について詳しく把握しているという人は意外と少ないのではないでしょうか。火災保険という名前から、火事が起きた時以外は保険金が支払われないのでは無いかと考える人も多いかもしれませんが、住宅の塀や壁が故意に汚された、突発的な事故で窓ガラスが割れた、空き巣に家財を盗まれた、台風で屋根が破損し雨漏りが発生したなど、幅広く補償されています。
    ただし、補修費用を支払ってもらえるかどうかは、雨漏りが発生したときの状況にもよりますし、手続の方法によっても異なりますので、注意が必要です。



    台風による屋根が壊れたことにより、雨漏りが発生したという場合には、まずは契約している保険会社もしくは代理店に問い合わせをしましょう。

    話題になっている日経メディカル情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

    実際にどのような被害があるのかを伝え、必要となる書類などを確認します。



    屋根の修繕が必要という場合には、修繕費用の見積書や実際に破損している箇所の写真が必要となります。写真撮影については、契約者本人や修繕業者に依頼し撮影します。

    屋根の上での撮影は、危険な場合もありますので、業者に依頼したほうが良いでしょう。
    必要書類をまとめて保険会社に送り、被害状況を確かめてもらった上で、修繕費の支払いの対象となると判断された場合には、後日お金を受け取ることが出来ます。

    使い道については、制限されている場合と自由に使うことが出来る場合とがあります。ただし、状況によっては対象外となる場合もありますので、あらかじめ確認をするようにしましょう。