• 雨漏りの被害は、保険がおりる可能性があります

    突然の雨漏りで被害を受けたら、どうしたらいいのだろう、修理にはいくら費用が掛かるのだろうと困惑しますね。築年数が浅い家でも起こる可能性がある雨漏りは、放っておくと、その箇所だけでなく、周辺部分や家全体の傷みにつながりますので、できるだけ早く対処することが必要です。

    軽度の雨漏りであれば、その部分の補修だけで済みますから、数万円から十万円程度で済むことが多いのですが、広範囲にわたる場合は、20万円から100万円、屋根全体をやりかえるような場合は、200万から300万とかなりの金額がかかることがあります。



    まずは、しっかりとした業者を選んで調査し、見積もりをとってどのような修理をする必要があるのか見極めることが大切です。



    しかし、実際に修理する必要があるとわかっても、急に多額の費用が発生すると困るものです。
    そんな時は、加入されている火災保険を確認してみてください。

    47NEWSの情報をご提供しています。

    突風や強風、台風、豪雨・積雪・ヒョウなどの自然災害によって発生した雨漏りであれば、火災保険が適用される場合が十分にあります。

    火災保険というと、火災だけに適応されるように思いますが、実際には、風災や雪災が含まれているものがほとんどです。雨漏りによる高額の修理費用が発生しても、保険を使って実質無料で修理できる可能性があるのです。素人目に見て経年劣化だから仕方がないとあきらめずに、申請してみることが大事です。

    火災保険の申請サポートを専門にした屋根修理業者などもありますから、そのようなところに調査依頼してもよいでしょう。