• 雨漏りに対する保険について

    住宅が被害を受けた時に、その修繕費の目的として使うことが出来るお金が支給される保険と言うものはあるのでしょうか。住宅被害にはいくつかの種類がありますが、雨漏りに対する保険としては、住宅の築年数に応じて2つのタイプに分けることが出来ます。

    それが、築年数が10年未満という場合に保証される住宅瑕疵担保責任保険と築年数が10年以上の住宅に対して保証される火災保険です。



    新築から10年未満の住宅に雨漏りがあったという場合に保証されるタイプは、家主の負担なく、修理をすることが出来ます。一方の火災保険については、雨漏りの原因によっては、補償の対象とはならない可能性がありますので注意が必要です。


    対象とならない場合としては、住宅の劣化によって雨漏りが発生したという場合です。



    台風や風などが原因で、屋根が破損した、瓦が落ちたという場合には、補償の対象となります。
    ただし、その判断はあくまでも契約している会社が行いますので、修理をする前には勝手に修理をせずに、その状態を維持するようにしましょう。

    気軽に47NEWSサイト利用者からとても評判です。

    契約している会社が確認する前に修理を行ってしまうと、修理前の状態がわからずに、補償を受けることが出来ない可能性があります。なお、大規模災害などについては、判断するための手間と時間がかかることがありますので、写真などで壊れた部分を確認することが出来る状態にしておくようにしましょう。

    修理を行なう業者に確認するなどすると良いでしょう。

  • 生活の情報まとめ

    • 日本は四季の影響もあり梅雨や台風、集中豪雨など雨や水害にまつわる被害が多く発生する地域でもあります。そしてこれらの影響で雨漏りが発生してしまうと家財道具や電子機器、畳やふすまなども濡れてしまい修繕するための費用はとても高くなってしまいます。...

  • 知識を増やす

    • 突然の雨漏りで被害を受けたら、どうしたらいいのだろう、修理にはいくら費用が掛かるのだろうと困惑しますね。築年数が浅い家でも起こる可能性がある雨漏りは、放っておくと、その箇所だけでなく、周辺部分や家全体の傷みにつながりますので、できるだけ早く対処することが必要です。...

  • 生活の特徴

    • 雨漏りを保険で直すことが出来るというと驚く人は少なくありません。しかし全てではありませんが、条件が揃えば雨漏りは保険で直すことができます。...

  • 大人の常識

    • 火災保険に加入しているという人でもその補償内容について詳しく把握しているという人は意外と少ないのではないでしょうか。火災保険という名前から、火事が起きた時以外は保険金が支払われないのでは無いかと考える人も多いかもしれませんが、住宅の塀や壁が故意に汚された、突発的な事故で窓ガラスが割れた、空き巣に家財を盗まれた、台風で屋根が破損し雨漏りが発生したなど、幅広く補償されています。...